FC2ブログ

記事一覧

消費税がまた上がる

 巷ではまもなく消費税がまた上がる。
ММТ貨幣理論で云うとお金は税金を支払うためにあるとの事・・・
日本の通貨の円は超優良通貨で政情不安時には1000兆円以上借金があるにもかかわらず円に世界のお金が集まる。
 なのに日銀はデフレ政策一筋で物価はあまり上がらないが給料もそれ以上に上がらないし寧ろ目減りする。
 企業は空前の利益で内部保留をため込んでるらしい。
 国はというと稼いだ外貨(ドル)で米国債を買わされてアメリカ政府に塩漬けにされる。
 紙幣自体は発行先がFRBや日銀も含めて民間銀行なのでそこから紙切れを物で買わされてその紙切れが米国債に最終的に替わってアメリカの経済発展を支える形となる訳です。
 とまぁ紙幣の発行先の所謂デーブステイトが全ての富を独占する仕組みが見事に出来上がる。
 昨日、農協の施策資料を見たら消費税を更に搾り取るべくの施策資料だった。
現行1000万円以下の収入なら消費税は免税なんだが、農協は作物を委託販売と云う形で生産者から集約販売しているが、今諸経費を差っ引いた金額を生産者に振り込む。勿論これを収入と呼ぶが今後は市場での販売価格が農家の収入になるとの案だった。
 そしてこのやり方に換える事により現状利益の7割を税収計算から除外してたのを以後は8割除外にしますと云う飴がぶら下がった国からの方針だった。
 要は農協等組合出荷をする収入1000万円以下の農家を無理やり形の上で1000万円以上にして消費税課税対象にすると同時に収入5000万以下を5000万以上の一般課税にする為の国税庁の半ば強引な誘導の様だ。
 他の業種に当てはめて考えると零細企業が商社等に物品納品して利益を取り販売した金額を零細企業の売り上げですと云う様な感じのまさに無茶苦茶な話で税金の二重取りの臭いもプンプンする。
 農家の防衛策としては農協等の組合に生産物を出さない様にするしか回避出来ない。
国としてJAを潰すもしくは弱体化させる為のアメリカに居るデープステイトの思惑が見え隠れする方針ですな。
 サラリーマンに当てはめると給料明細が100万円なのに実際支払われる賃金が20万円みたいな感じやろね。
まさにお金は税金を支払うために存在する事を痛感した。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あっちゃんミ☆

Author:あっちゃんミ☆
FC2ブログへようこそ!
本業は施設園芸ですが、自然薯を趣味で作り始めて今年で7年目となりました。
だんだんと作付け量が増えてもはや趣味とは呼べなくなって
まいりましたがあくまでも自分の中では趣味ですぬ。日記は気まぐれで公開してます。

最新コメント

フリーエリア