FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーターインジェクション装着

ウォーターインジェクション装着
 事の発端はハイコンプレッション ピストンを入れたいからだったのですが圧縮比が9.3と低い(VТR1000Fはピストンの幅がほぼ10cmも有りキャブレター仕様でノッキング回避の為にホンダさんも圧縮比を上げれずに腐心したんだろうな)安全策と中低速トルクアップを狙って水インジェクションを装着、発想と実用は第二次世界大戦当時すでにゼロ戦に搭載されていた粗悪低オクタン燃料で馬力を出す方法ですが、当時はソレノイドも無く運転停止時に下エンジン内が水浸しになり苦労したと愛南町にある紫電改の説明に記されていた気がする。技術的には電磁ソレノイドバルブとコントローラーが出た現在でやっと実用段階になった感じです。配管取り回しに関してはボッシュの水インジェクションを個人的には参考にした。このエンジンの内部にに手を入れると春先に乗れなくなりそうなのでエンジンは別に輸出仕様を購入した。世はハーレーとマルチエンジン全盛なので2気筒はオークション部品が安いのが良いね。このバイクは玉数が出てるのかヤフオクに部品がゴロゴロ出てくる。ありがてぇw
ペンキセット到着
 ウレタン塗装セットのご到着、友人からスプレーガンと塗装用にコンプレッサーを借りていよいよ塗り替え。
パテ完了
 FRPカウルのパテ処理完了、暇を見てすべての塗装面を400番の耐水ペーパーでゴシゴシ擦る地味な作業の始まりです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。